>

面倒な作業をAIに任せよう

すでに実現している自動化システム

自動化システムは研究が続けられていますが、一部の車にはすでに搭載されています。
例えばブレーキとアクセルの踏み間違えを防止するシステムや、障害物にぶつかりそうになった時に、急ブレーキをかけるシステムなどが挙げられます。
これらが一般的になることで、危険な事故を回避できるでしょう。

車は便利な道具ですが、使い方を間違えると人の命を奪う危険な道具になります。
注意していても事故が起こってしまうものなので、そこをAIで補うために研究が始まりました。
現在は、運転に関する全ての操作をAIに任せることができないか、という研究が進められています。
それが実現すると、駐車も自動でできるようになるので、苦手な人でも助かりますね。

運転手が必要なくなる

今の自動化システムの段階だと、必ず車に運転手が乗っていなければいけません。
そして誤作動が起こったり、自動化システムが正しく作動しなくなったりした時は代わりに運転手がハンドルを握り、車を運転する決まりになっています。
しかしもっと研究が進むと、運転手が必要なくなり、どこの道路でも自由に走行できると言われています。
無人でも車を走行させられるので、宅配業やタクシー業が活発になるでしょう。

しかしこのような世界を実現するためは、自動化システムの研究を進めることはもちろんですが、それに合わせて法律も改正しなければいけません。
そのための道路整備も必要なので、自動化システムの完全な実現までは、まだ少し時間が掛かります。


この記事をシェアする